お知らせ

~ 新型コロナウイルス流行下での受診についてのお願い ~

新型コロナウイルスの流行感染対策として以下、受診につきましてご協力お願いいたします。


・当院は、来院患者様の密を避けるため、予約診療を行っています。予定より早く来院されましても診察は出来かねます。

 皆さまの待ち時間短縮と密を防ぐため、来院は予約時間をお守りいただくようお願いいたします。

・受診時、当面の間、大人の付き添いの方は1名でお願いいたします。受診者の兄弟等、家で待機できる場合は、来院人数が少なくなるよう 

 お願いいたします。


受診される前に(コロナウイルス流行の伴うお知らせ)

当院は、発熱など新型コロナウイルス感染症が疑われる患者さんの診療に当たる医療機関として、島根県から指定された「診療・検査医療機関」です。

  受診前にチェックリストで感染症の疑いがある場合(A項目1つ以上かつB項目1つ以上)は、

  受診前に【帰国者・接触者相談センター 出雲保健所:0853-24-7028に連絡の上、指示を仰いでください。

        
                    
 A項目     

チェック項目

はい

いいえ

発熱(37.5度以上)

 

 

呼吸器症状:咳(せき)が出る、呼吸がいつもより早い、お腹で呼吸している、抱っこしないと寝ない

 

 

味覚障害:味がおかしい

 

 

嗅覚障害:臭いがわからない

 

 

                                                               

                                                                 B項目

チェック項目

はい

いいえ

コロナウイルス陽性者と濃厚接触1した

 

 

発症14日前に感染拡大が顕著な地域2に行った

 

 

発症14日前に島根県外に行った

 

 

発症14日前に海外に行った

 

 

発症14日前に島根県外あるいは海外に行った人と濃厚接触1した

 

 

 

 

 

 

 

 

 

濃厚接触1

 同居している、一緒にご飯を食べた、長時間一緒にいた(室内、車・飛行機・船の中)


臨時休診のお知らせ

10月28日(金)午後小児科休診です(健やか親子21全国大会シンポジストのため)

予防接種のご案内


インフルエンザ予防接種の予約


9/13(火)からインフルエンザワクチンの予約を開始します

新型コロナ感染予防対策のため、Webもしくは予約専用ダイヤルでの予約とします

窓口・お電話での予約は行いませんので、ご注意下さい


・接種の開始日:10/4(火)~

・生後6か月~小学生未満は2回の接種、小学生以上は1回の接種といたします。

・小学生以上で2回接種希望がある場合は、ご相談ください。

・2回目の接種日は、1回目の接種時に予約をお取りいたします。2回目の事前予約は不要です。

・家族(大人)の方は1家族2名まで、同日にお受けいたしますので、予約日に来院された際、お伝えください。

・他の予防接種との間隔は1日です。同時接種は可能です。

・他の定期予防接種と同時にインフルエンザワクチンを希望される方は、ご相談ください。

・当クリニックでは、出雲市の高齢者インフルエンザ助成での接種は行っておりません。


予約サイトはこちらから

http://c.inet489.jp/wtnb8020/

 




「新型コロナワクチン~子どもへの接種に対する考え方~」

日本小児科学会からの提言に沿って、当院では子どもへの接種を勧めています。

 12歳以上の子どもでコロナワクチンを受ける意義はあるでしょうか?

 

受ける意義はあると考えています。ただし、接種にあたってはメリットとデメリットを本人と養育者が十分に理解していることが大切であると考えています。

 

【新型コロナワクチンを接種するメリット】

①海外の小児(1215歳)への接種経験からの情報では、新型コロナワクチン2回接種後、ワクチン接種群で新型コロナウイルス感染症を発症したのは0/1,119に対し、プラセボ群(ワクチンを接種していない人)では18/1,110人が新型コロナウイルス感染症を発症したという報告があります。この報告から、新型コロナウイルス感染症に対する高い予防効果が期待できます。またワクチン接種後の抗体価は1625歳にくらべ1215歳の方が高かったという結果でした。

②自分自身が免疫を持つことが周囲の人を守ることにつながり、大勢の人がワクチンを受けることにより、流行を抑えることが出来ます。

 

【新型コロナワクチンを接種するデメリット】

①国内の医療従事者2万人の調査の結果をみると、接種した同日から翌日にかけて、89割の人に接種した腕の痛みや重み56割の人に倦怠感や頭痛、23割の人に悪寒や筋肉痛2割程度の人に38℃以上の発熱がみられると報告されています。しかし、いずれの症状もほとんどの場合は23日で軽快するようです。まれに、接種直後にアナフィラキシーという重度のアレルギー反応が起こることがあります。そのため、1530分間、接種会場で様子を見る必要があります。

② まれですが、主に若年の男性においてワクチン接種数日以内に心筋炎が発生することが報告されています。発症した場合でも入院は必要になりますが、ほとんどは軽症であるとされています。



予防接種の接種スケジュールを一緒にたてます。

初めて予防接種を受ける方、途中まで予防接種をうけ、どの予防接種を受けたらよいのか分からない方もおご相談ください


           ~ 出雲市にお住まいの1歳児(平成31年4月生まれ以降)の皆さんへ ~

令和2年4月よりおたふくかぜワクチンの公費助成が開始されました。ぜひ接種を受けましょう。


当院の診療理念

~こどもの笑顔は未来の架け橋、女性の笑顔は、家族の幸せ~

1.安心と温もりを感じる医療をめざします。

(1)患者さまの気持ちに耳を傾ける努力を続けます。

(2)笑顔の対応を絶やしません。

2.患者さまとの信頼関係を大切にします。

(1)苦しみ、喜びを互いに共有します。

(2)分かりやすい説明を心がけます。

(3)患者さまが最善の医療を受けることができますよう、

他の医療機関との連携も大切にします。

3.家族みんなの気軽な相談相手をめざします。


ここに文章を入力してください